【ダイエット教材〜人気ランキング.com】ダイエットを成功させるための人気教材をランキングでご紹介します

停滞期について


停滞期は順調な証拠

ダイエットを始めてから数週間〜一ヵ月も経つと、それまで順調に減り続けていた体重が、
変動しなくなる時期があるのですが、これをダイエットの停滞期といいます。
ダイエット中の悩みの一つですね。

ただでさえストレスのたまりやすいダイエット期間中、さらに焦りや不安を覚えがちな
停滞期に入ると、順調に減っていた体重が減らなくなってしまう。

この時点で、落ち込んでしまい、ダイエットをやめてしまった経験はありませんか?

何故、ダイエットの停滞期は訪れてしまうのでしょうか。

実は停滞期はあった方がいいのです!停滞期にも意味がきちんとあるんですね。
人の体は、摂り込まれるカロリーが少なくなると、その体が今持っている体脂肪を燃焼させて
エネルギーにしようとするものです。

これがダイエットを始めてしばらくの間の体脂肪が減る、楽しい時期です。
初めは楽しいくらい順調に落ちていきます。

しかし、1ヶ月で体の5%以上体重が落ちてしまうとあなたの体は「飢餓なの?!」と危険を感じます。
すると、体はあなたを守るために体重を落とさずキープさせなくては!と思うんですね。
体はあなたを守ろうと思って、維持させるという停滞期を作るんです。

身体がいわば飢餓状態になる、これこそがダイエットの停滞期の意味なのです。
なので、しばらくして「飢餓じゃない!大丈夫なんだ。」と思いはじめたら、体重はまた
落ちはじめます。
なので、停滞期になったからとダイエットを諦めてしまうことはないんです。

そして、極端に食事を減らしたり運動量を増やしたりする必要はないんです。
そのままの生活を続けて、停滞期が終わる日を待ってください。

人により異なりますが、停滞期の期間はだいたい2週間〜1ヶ月といわれます。
体重が落ちないということは、もどかしいというか腹立たしいですが、
停滞期の理由を知ったら、安心して停滞期が終わるのを待つことができると思います。

停滞期で気をつけてほしいのは、ストレスから追い詰められないようにすることと、
ダイエットをやめてしまわないことです。

停滞期は終わりがきますので、停滞期がきたからと、決して焦ったり諦めたりしないで下さい。
終われば、また体重は落ちはじめます。
停滞期を上手に乗り越えましょう。


TOPページへ